ネット予約

トップへ » 治療について » 予防歯科(定期検診)

一生自分の歯で過ごしたい方へ

予防歯科(定期検診)

歯科治療の大半は、虫歯と歯周病に対するものです。虫歯も歯周病と同じように、お口の中の細菌が原因で発症します。しかし、その細菌をお口の中から完全に排除することはできないのです。生涯にわたる歯の健康を目標としたとき「治療」と「メンテナンス」は切り離すことのできない「一体のもの」です。

悪くなってから治療するのではなく、治療後の状態を維持することがメンテナンスです。当院では、いつまでもご自身の健康な歯で健やかで生き生きとした生活を過ごしていただけるよう、スタッフ一同、全力でお手伝いいたします。

日本と歯科先進国との違い日本と歯科先進国との違い
メンテナンスを日常的な習慣とするスウェーデンやオランダと、そうでない日本の現状を比較すると、その差は歴然。定期的なメンテナンスの頻度が、後々の自分の歯の健康につながってきます。一生自分の歯で過ごしたいとお考えであれば、定期的なメンテナンスを受けることをおすすめします。

<スウェーデン>
20年以上前から定期的な歯のメンテナンスを国民に義務付けてきた(最低3か月に一度は歯のメンテナンスを受けるという義務)結果、80歳で平均20本前後の歯が残っているという驚くべき成果が現れています。入れ歯を入れる人は、人口のわずか1.7%です。

<オランダ>
スウェーデンと同様な方法で、80歳で25本の自分の歯を残すことを達成しています。

<日本>
日本では、痛くなったときに歯科医院に通うというスタイルが一般的です。その結果、80歳でわずか8本の歯が残っているのが現状です。

予防の大切さを知ろう

予防の大切さ

「治療だけを受けた人」と「定期検診(メンテナンス)を受けた人」では、残存歯の数に大きな差が出ています。特に年齢が高くなるにつれて、その差は大きくなります。

予防の大切さ一生涯にわたって健康な歯を保つためには、やはり定期検診を受診することが大切です。食事を美味しくいただく。おしゃべりを楽しむ。日常生活の中で、これらの当たり前のことを当たり前にするためには、患者さま自身の行動にかかっています。歯の寿命は、自分自身が決めるのです。

メンテナンスを続けると、将来的に治療費が安くなる
「歯に気を使う人は、全身の健康に対する意識も高く、医療費を抑えることにつながっている」と証明されています。高齢になるほど、残った歯の本数による平均医療費の差は広がる傾向にあります。

●80歳の方の場合
・残った歯が20本以上 :35,346円
・残った歯が4本以下 :49,987円
約15,000円の差が出ています。

当院でも、ご自身の歯を守るために歯のメンテナンスに定期的に来院される患者さまは年々増えています。私たちも、当院に通っていただいている患者さまには丈夫な歯を保ち続けていただきたいと思っています。

定期検診って何?

定期検診虫歯や歯周病を治療したあとの口腔内を維持するためには、日々の歯みがきが重要です。でも、それだけでは虫歯や歯周病を防ぐことはできません。なぜなら、歯石は歯みがきだけでは取ることができませんし、歯と歯ぐきの境目などは上手に掃除できないからです。

自分1人でお口の健康を保つにはどうしても限界があります。そのために歯科医院があるのです。定期検診は、病気やトラブルの早期発見とお口を守ることが目的です。理想としては3か月に一度、定期検診を受けるようにしましょう。

<定期検診での検査>
・進行中の病気を見つける
・自分では気がつかない異常の早期発見  など

<定期検診での予防>
・虫歯にならないため
・歯周病にならないため
・歯並びが悪くならないため
・歯を失わないため  など

定期検診の流れ

Step1 問診定期検診の流れ
歯やお口の中、体調や日常生活などで何か気になったこと、困っていることがあるかをお聞きします。

Step2 口腔内のチェック
虫歯や歯周病、以前に詰めたところが大丈夫か、お口の状態が良好か、治療済みの場所にトラブルが起きていないかを、カルテを見ながらチェックします。また、お口の状態によって、歯周ポケットの測定、歯ぐきの検査、歯垢の染め出しを行う場合もあります。

Step3 チェック結果のご説明定期検診の流れ
チェック結果をご説明します。前回の定期検診との違いや、ケアが上手になって改善している部分なども具体的にお話しします。治療が必要な患者さまには、X線写真や模型を使って詳しい説明をします。

Step4 ホームケアのアドバイス
日常生活でどんなところに気を付けたらよいか、歯ブラシや歯磨き剤の選び方など、ホームケアについてアドバイスします。また、正しいブラッシング方法も指導いたします。

Step5 歯のクリーニング定期検診の流れ
PMTCで、歯みがきだけでは取りきれないプラークや歯石を隅々まで取り除きます。毎日蓄積していく歯石を放置しておくと、歯の表面がザラザラし、歯と歯ぐきのすき間に入って虫歯・歯周病・口臭の原因となります。PMTCでお口の中の環境を整え、虫歯や歯周病の原因菌を減らします。

PMTCの詳細はこちら

Step6 フッ素塗布
フッ素には、歯質を強くし、虫歯になりにくくする働きがあります。年に3~4回ほど塗布していくと、酸に強い歯になります。軟らかい乳歯のお子さまから、歯ぐきが下がって歯の根元に虫歯ができやすいご高齢の方まで、皆さまにおすすめします。

Step7 歯科医師診察定期検診の流れ
問診やチェックの結果をカルテで確認しながら、歯科医師が診察します。もしも新たなトラブルが起きていても、ひどくならないうちに治療することができます。

LAD治療の詳細はこちら
オゾン療法の詳細はこちら


コールバック予約

PAGE TOP