トップへ » 治療について » 審美義歯(スマイルデンチャー)

快適な義歯生活を!

義歯・入れ歯

義歯とは、虫歯や歯周病、または事故などで歯を失った部分を補う取り外し式の入れ歯です。義歯に使用される素材にはいくつかの種類があり、材質によってすべての症例に適しているとは限りません。ご自身の口腔内の状況について担当医からの説明を聞いた上で、最善の方法と使用する材料を選択し、快適な義歯生活を目指しましょう。

義歯には、保険適用のものと自費のものがあります。自費の義歯は、保険の義歯に比べて耐久性や審美性に優れています。最近では自然に見える「金属のバネをなくした義歯を装着したい」という要求が高まってきています。

当院がおすすめするスマイルデンチャーは、金属のバネがありません。若々しい笑顔を得る方法として、スマイルデンチャーは有効な治療方法です。

当院の主な義歯メニュー(自費診療)

当院で扱う義歯を大別すると、以下の3つがあります。それぞれにメリット、デメリットがあり、適応症例に制限があるものもあります。

・金属のバネがない義歯
・金属を主体とした義歯
・義歯内面に特殊な素材を用いた義歯


自然に見える義歯【スマイルデンチャー】(金属のバネがない義歯)スマイルデンチャー
スマイルデンチャーには金属のバネがありませんので、審美性に優れています。また、FDA(米国食品医薬品局)の厳しい審査に合格した「ポリアミド樹脂」を材料に使用しているため、薄くても割れません。軽さは、保険適用の義歯の1/2です。

<スマイルデンチャーのメリット>
・金属のバネがないので外見上の審美的回復ができる
・薄くても割れない
・軽くて目立たない
・食べ物が挟まりにくい
・薄いので話がしやすい
・金属アレルギーの心配がない

<スマイルデンチャーのデメリット>
・顎堤の異常吸収が起きる場合がある
・入れ歯を支える歯の位置的移動が起きる場合がある
・義歯内面の追加修理ができない場合がある
・破損した場合の修理が困難
・安定の3大要素のうち維持・把持に多少の問題がある

スマイルデンチャーの詳細はこちら

金属床義歯(金属を主体とした義歯)金属床義歯
フレームに金属を使用しています。金属の種類は主に貴金属・チタン・コバルトクロームなどです。極限まで床を薄く製作できるため、発音障害や違和感が少なくなります。

<金属床義歯のメリット>
・保険適用の義歯よりも違和感が少ない
・床が薄く製作できるので発音の障害が少ない
・ほとんどすべての症例に適用できる
・熱伝導率に優れているため、温度感覚が自然に近い
・割れにくく、耐久性に優れる

<金属床義歯のデメリット>
・破損した場合の修理が困難な場合がある
・義歯内面の追加修理ができない場合がある
・金属アレルギーが出現する場合がある

コンフォート義歯(義歯内面に特殊な素材を用いた義歯)コンフォート義歯
義歯の内面に生体用シリコンを重合させて製作する義歯です。生体用シリコンを使用することにより、クッション性と密閉性を向上させることができます。また、金属のバネのない義歯と併用することも可能です。

<コンフォート義歯のメリット>
・強い力で噛むことができる
・ガタつきが少なく、安定感が得られる
・アレルギー反応が少ない
・顎堤の状態が悪くても応用できる

<コンフォート義歯のデメリット>
・顎堤の異常吸収が生じることが多い
・義歯内面の追加修理ができない場合がある
・生体用シリコンの劣化が生じる場合がある

義歯治療の流れ

【Step1】残存歯および歯周の治療を行います。
次へ
【Step2】欠損部分の歯型を採ります。
次へ
【Step3】金属部分のフレーム製作を行います(金属床義歯のみ)
次へ
【Step4】噛む高さを決定します。
次へ
【Step5】歯を並べて口腔内に試適します。
次へ
【Step6】義歯を装着します。
次へ
【Step7】義歯を調整します。
次へ
【Step8】メンテナンスを行います。

義歯の費用について

義歯の費用について残存している歯のレントゲン写真、神経の治療は健康保険の適用となるのが通常です。義歯に関わる治療部分の歯型採得以降は自費診療となります。

義歯のメンテナンス

義歯のメンテナンス義歯に精通した専門の歯科医師と歯科技工士が連携し、患者さまの口腔内に最も適した状態で義歯を製作し、装着しています。義歯を装着したあとも定期検診が必要です。定期検診を受診していただくことは、予期せぬトラブルを未然に防ぐことにつながります。


コールバック予約

PAGE TOP